次期システム開発体制を立ち上げる前に、知っておくべき、システム内製化の7つのトレンド

ここまで分かる!次期システム開発体制を立ち上げる前に、知っておくべき、7つのトレンド

 これからシステム構築案件を控えたビジネスリーダーにとって必要不可欠な知識をA4版30ページにまとめたのが、これからご紹介するレポート「知っておくべき7つのトレンド」です。

 本レポートではリスクテイクを厭わないビジネスリーダー向けに書いています。担当者向けの話は世にたくさんの教科書が出廻っていますから、ここでは触れません。替わりに現場でクライアントと一緒に汗をかきながら体得したエッセンスをできる限り紹介していきます。

圧倒的なアドバンテージを握るビジネスシステム構築

 ある流通チェーンの一店舗あたりの売上は、他チェーンと比べ1日あたり12~20万円の差、年間の経常利益率も3倍以上です。この差はテクノロジーの差とも言われています。圧倒的なアドバンテージを握るために彼らが行ったこととは・・・。

システム投資におけるリスクとリターンの関係

 人件費は変動費である米国に対し、我が国の人件費は固定費です。従って生産性が向上しても埋没コストの削減にしかなりません。これがシステム導入の障害となりがちな現状から、これからの方策に迫ります。

統計コストから考えるシステム開発戦略とは

 誰もが最初に悩むのが「いったい予算はいくら必要だろう?」です。とかく徒手空拳になりがちな予算へのアプローチについて、その背景から丸裸にします。事業規模に応じた予算の戦略的な算定方法が分かります。

初期コストと維持管理コストのバランス

 特に年商100億円未満の企業の場合、維持管理コストはITコスト全体の8割に迫る勢いです。その背景に迫り、解決策をご提示します。

自社スタッフ体制と外注とのトレードオフ

 常にマーケットに即した最新の状態にシステムを更新し続けるのが理想ですが、外のシステムベンダーに発注するとスピードが遅くなります。かといって自社でエンジニアを抱え込むわけにはいきません。この矛盾をどう克服するのでしょう?

対象業務の知識や経験にはこだわるな

 例えば古本のブックオフの創業者が、イタリアンの展開を成功させた例を見てわかることは、ビジネスには業種はあまり関係ありません。変革や創造を目指す場合のパラダイムシフトの考え方とは何でしょうか。

これだけではありません。今回は期間限定で、案件を控え三ヶ月以内に稟議や決裁を迫られている場合の、判断するための考え方と具体的なテクニックについても概説しています。

最適に判断するための考え方と具体的なテクニック

御社のシステムに違いをもたらす5つの条件
自社独自システムかパッケージを選ぶべきか?
コストから考えるシステム開発戦略とは
事業規模に応じた予算の戦略的な算定方法
システム開発タイプ別の費用概算の考え方
相見積りで得られた300万と6,000万。どちらが正しい見積もりか?
お互いのリスクをイーブンにすることの意味
システムベンダの素質を見抜く"たったひとつの質問"とは?

 著者本人が言うのもどうかと思いますが、かなりの情報を開示したつもりです。また私自身、ネットで調べましたが、ここまでの内容をご提供しているサイトは一つもありませんでした。

もしあなたが今、ビジネスシステムのローンチを成功させるミッションをお持ちなら、すぐにお申込みください。必ずお役に立つはずです。

お申し込み方法

お申込は、とても簡単です。
下記に必要事項をご記入の上、お申込ボタンをクリックして下さい。同時にダウンロードURLの書かれたメールが、ご登録アドレスに届きます。
また同業者の方からのお申込は、固くご遠慮申し上げます。

必須は必須の項目です。
またYahoo、G-Mail等、無料アドレスのお申込は受付けておりませんので、ご遠慮下さい。

法人名必須

例)オーシャン・アンド・パートナーズ株式会社

お名前必須

例)東京 太郎

メールアドレス必須

電話番号必須 - -
部署・役職

例)経営企画室 室長

メッセージ システムに関する課題などありましたらお書きください。
お申込みをする

お読み頂いた方からの声

参考までに、これまでお読み頂いた方から、嬉しいご感想を数多くいただいておりますので、そのほんの一部をご紹介させて頂きます。

弊社のシステムを開発するときにオーシャンさんのお力をお借りしていれば…と、当社としては残念に思う内容でした。当社でのシステムの開発は書いてあるとおりの問題のある開発だったと思います。仕切り直しのうえで、再度開発をかけて行きたいと考えておりますので、その時にはお力添えを頂ければと思う内容でした。会計事務所 代表取締役・公認会計士
今までにない切り口で、たいへん参考になりました。実は以前、システムをある会社につくってもらって失敗したことがあります。まさしく書いてあるとおりでしたし、その要因が良く分かりました。通信教育業 部長
とても充実した内容で、依頼者同様システム会社にも是非読んでおきたい内容でした。ありがとうございます。メディア事業 代表取締役
ここまで内部事情を明らかにしてしまって大丈夫なのでしょうか?金融関係向け出版 管理職
このような経験は今まで良くしてきましたので興味深く拝見しました。インターネットサービス業 代表取締役
現在当社の社内システムの更改に携わっていますが、なかなかベンダーの選定に決め手が無く、悩みながら検討しています。偶然このページを拝見し、感銘を受けました。 法人向けコンサルティング業
分かりにくさが解消されてとても良いレポートだと思います。ITメディア業
レポートを拝読し、御社の開発姿勢に興味を持ちました。エレクトロニクス関連製造業 情報システム部門責任者
レポートを拝見させていただきました。理想的な業者の見分け方は、まったくその通りと感じました。システム開発会社とユーザ企業側での、このような問題は、そのまま、社内の情シスと社内の事業部の関係にも、当てはまるような気がしました。このような冷めた(?)技術先行の要件定義にならないよう「理想的な」組織にしたいと感じました。 流通サービス業 情報システム部門責任者
私もネットで調べましたが、ここまでの内容をご提供しているサイトは一つもありませんでした。偶然見つかった御社の極秘レポートに感謝です。 不動産サービス業
こんな情報がほしかったんです。ファッション企画・小売業 監査役

その他、システム設計開発業の代表者の方、インターネットサービス業の代表取締役の方をはじめ、多くの方から続々と、ご感想が寄せられています。読んで時間を無駄にすることはありませんので、ご興味のある方は、上記お申し込みフォームよりご請求さい。

このページのトップへ