料金案内price

当社では顧客のIT投資を最適化すべく費用体系について様々な工夫を施しています。

コンサルティングファーム、大手ベンダ、中堅システムベンダとの位置付けで分かりやすく解説します。

 

大手コンサルティングファームとの違いについて

当社には富士通、NEC、三菱電機、オラクル、フューチャーアーキテクト、アビームコンサルティングなど大手で、大規模プロジェクトの経験を積んだメンバーが在籍しています。違いは、リクルーティング費や販管費、固定費を最小限に抑えていること、適材適所にメンバーを集めて、少数精鋭でチームを組むことです。これにより大手ファーム比の40~60%の料金で当社のメンバーを雇うことができます。

 

※コンサルティングフィー(月額単価ベース)での相対比較

【当社価格帯(実績ベース)】

100~200万円/1名アサイン時の準委任月額 (注)コンサルタントのスキルや担当範囲で異なります。

 

 

大手ベンダとの違いについて

大手ベンダでは、大量な人員を要する大型案件に対応するために、多くの協力会社を募って、そのマネジメントに特化する体制を取ります。そのため非大型案件では非効率かつ料金も高止まりする傾向があります。

当社では中規模案件に絞ることで、少数精鋭で臨める体制を維持しておりますので、開発規模に見合った予算で発注することが可能です。

 

※開発総額での相対比較

 

【当社受注実績による中心価格帯】

2,000万~1億2,000万円 (注)コンサルティングフェーズからシステム完成まで(運用保守のコンサル/実務は別途)

 

中堅システム開発ベンダとの違いについて

中堅システムベンダの場合、大手ベンダからの指示によって開発業務を行う一方、ユーザーのコンサルティングや要件定義業務を行う機会が少ないのが実情です。それゆえ当初の見積額と最終金額の差が大きくなりがちです。

当社では、お客様との直接の取引に特化させていただくことで、ノウハウと経験を積んでおりますので、見積りの精度が高く(受注のために金額を下げることもありませんので、相対的に割高に映るかも知れませんが)、当初の予定価格を大きく上回ることはありません。また最終的には他社比50~60%の費用で完成させることができます。

 

※相見積を取られたお客様からの情報提供によるもの(複数回答)。

当社の提示価格は1.5倍~2倍ほど割高なケースが見受けられます。 要求の分析力の差によるものと考えらます。

 

※他社から当社に乗り換えたお客様からの情報提供によるもの(複数回答)。

要求分析が足りない場合、追加コストの上昇もしくはやり直しを招くため、予定価格を大幅に上回ります。

(当社が知る限り失敗事例が後を絶ちません)

 

 

【参考】エンジニア単価について

開発案件で、稀にですがお客様からエンジニア単価の提示を求められることがあります。当社では完成を請負いますので基本的にはメンバー個々の単価を出すことはありません。しかし他社が人月単価で提案している場合の比較稟議として求められる場合は、形のうえだけの単価をご提示することがあります。また当社の単価が高く映るような場合は、お客様の了承のもと工数値を上げて単価を揃えることもあります。

 

当社の基本的な考え方として次のようなものがあります。それはエンジニアの生産性が高くて、平均スキルのエンジニアの1/3の期間で仕事を完成できるのであれば、そのエンジニアの報酬がたとえ倍額であってもむしろ安価であるということです。この考えに基づき、当社では平均スキルのエンジニアは採用せず、高生産能力を持ち、かつ開発を通じて品質を作りこめるレベルの人材のみでチームを構成するようにしております。

 

一見高額に見えても、完成までの総額は非常に安価である。これを当社の揺るぎないサービス提供姿勢とさせていただいております。

何卒ご理解・ご了承のほどいただけますと幸甚に存じます。

ご依頼の流れ

当社への相談からご契約、仕事の開始までの流れが分かります。

ご依頼の流れを見る

 

DX(デジタルトランスフォーメーション)やIT推進の勘所について分かる資料をテーマごとに揃えました!
ダウンロードページはこちら
DXの勘所について分かる資料をテーマごとに提供
ダウンロード