コスト抑制とスピードを実現するITチーム

次期開発体制を立ち上げるリーダーの方へ

臨機応変な「内製化」に興味ありませんか? 決して教科書には出てこない現場発の情報がこちらに。

レポートを見る

Q.IT顧問サービスとは何ですか?

A. 必要最小限の時間と経費で成果を上げる方法です。

あなたにたった今必要な経験をピンポイントでプラスして、あなたが抱える課題をスムーズに解決するサービスです。

詳しくはこちら

事例:データベース統合のコンセプト構築と施策

株式会社ウェブクルー様

いろいろな部門の方を呼んで、就業時間後の会議室でビールとピザを片手にディスカッションしながらコンセプトを固めました。

詳しく見る

未来の働き方プロジェクト

「働く」をもっと自由に。

育児や介護中におけるリモートワーキング、退職シニアの活躍の場、フリーランスや起業家として働く方の可能性を拡げるプロジェクトです。

詳しく見る

企業の情報システム部門の方へ

事業戦略に直結するようなシステムは、開発スピードが命です。しかし最初から要件が決まることは稀で、マーケットの動きによってシステム要求が変わるため、臨機応変で素早い対応が求められます。

 

こうしたシステムはITベンダへのアウトソースが難しく、外部リソースを適材適所で活用しながら、プロジェクトチームが一体となって開発に取り組める「内製体制」が適します。また必要に応じて外部の発想やノウハウを取り込めることも大きな魅力といえるでしょう。

 

私たちのチームでは、システム開発の内製化の潮流をいち早く捉え、クライアントの一員として貢献を果たすということに注力してきました。ちなみに富士通、NEC、三菱、オラクル、フューチャー、アビームなど大手ITやコンサルティングファームで腕を揮ったメンバー達が直接関わっています。

 

堅牢性、高パフォーマンス性、安定稼働、高度なセキュリティといった要求に、迅速に対応し成果を出せるチームを擁しています。またシステム設計構造の支援から、バックヤードでのプログラミングはもちろん「社内各部署の連携」がスムーズにできるような調整支援など、開発のあらゆる局面で当チームをご利用いただけます。

 

企業のマーケティング部門の方へ

当チームが有する大規模ECサイトの開発経験を活かして、マーケティングプロセスと技術を融合することができます。仮想的な自社の開発チームを持つことで、システムを市場に即してタイムリーに更新できることもビジネスの強みとなるでしょう。

 

さらにコンテンツについても、当メンバーがディスカッションパートナーとして企画を支援します。

 

またインフラを熟知したメンバーがプロジェクトに参画することで、キャンペーンなどによるアクセス負荷を考慮したシステムを設計することができます。既存システムやデータベースとの連携についても良く直面する課題です。関係部門との調整、既存システム調査、統合作業などのタスクを当メンバーと分担することも可能です。

 

新規事業の開発部門の方へ

新しいビジネス開発では、システム内容や規模感が見えないと途端に計画が行き詰まることがあります。当チームに戦略を正確に伝えていただければ、最初から要件が決まらなくても、サービスの具体案、システム的な実現方法、ローンチ以降の展開策を得るまでの時間を一気に短縮できます。

 

またビジネスのヒントは、同業やライバルだけではなく、むしろ「異業種」にあります。例えばブックオフからイタリアンへの展開を見てわかることはビジネスには業種はあまり関係ないということです。当チームでは、多様な業種の案件を経験しています。内部からは出にくい新しい発想を得て、ビジネスを大きく伸ばせるのはITならではの真骨頂です。

当社ご活用企業様CLIENTS

顧客事例CASE STUDY

  • 株式会社ウェブクルー様

    20個を超えるサイトとデータベースの統合が必須であることが社長をはじめ経営陣みなの中で共通認識でした。 なぜそれが会社の最重要プロジェクトだったかというと…

  • 株式会社オールフロンティア様

    汎用の業務ソフトウェアパッケージもいろいろと検討しましたが、なかなか思うようなものがありませんでした。市販パッケージが想定していないビジネスフローが必要でした。そこで当社が採用したのは…

  • 株式会社ソノリテ様

    2011年の東日本大震災で、日本人の寄付・募金に対する意識と行動が大きく変化し、オンライン募金システムに求められる条件も変わりました。それは…

  • デンタルサポート株式会社様

    当社独自の目的に合った会員制サイトを構築するには、外部の専門家のサポートが必要でした。そこで当社がシステム会社に求めた3つの条件とは…