ホーム>特徴
特徴

オーシャンが推奨するシステムコンストラクションマネジメント

当社では従来の発注方式(大手ITやゼネコンなどへの一括発注)ではなく、顧客あるいは顧客が委任した第三者がシステムベンダとの交渉および開発工程の進捗・品質の管理を行う手法を推奨しています。一括方式と比較してより適正なコスト管理ができることが最大の特徴です。

当社を活用される企業様の利点について

当チームは富士通、NEC、三菱電機、オラクル、フューチャーアーキテクト、アビームコンサルティングなど大手ITベンダーやコンサルティングファームで、大規模プロジェクトの経験を積んだメンバーを中心としたプロフェッショナルファームです。豊富な経験と最新知識を駆使して「ベンダ依存」になりがちな顧客企業のシステム開発体制を「顧客主導」に導きます。当社を活用される企業様には以下の利点があります。

システム投資総額を劇的に減らすことができます。

ゼネコンITベンダに依頼する形のプロジェクトでは、多層に連なる下請企業によってコストが積まれ、さらにゼネコン本体の利益が上積みされますので、総額が膨らみがちです。

対策として顧客企業自身がゼネコンの立場に代わって開発担当企業の調達や管理を行うことで全体コストを大幅に改善することができるでしょう。しかし専門知識が無いと調達先を見つけたり、工程を管理したり、システムを評価することは難しいものです。

そこで当社のメンバーを顧客側チームに入れていただくことでベンダとの見積交渉、選定、工程管理、検収支援といった複雑な業務を一手にお任せすることができます。

システムがもたらす成果を最大化できます。

顧客チームで全体をマネジメントすることでブラックボックスを排除し、期待に沿ったシステムが完成するかどうか開発状況を随時モニタリングできます。これはシステムのクオリティにつながります。

また顧客は当社の開発チームを利用することもでき、その場合はマネジメントから開発現場まで一貫した体制を得られます。

自社にナレッジを残し、さらに育成効果も得られます。

ゼネコンITに丸投げする場合、ナレッジ、ノウハウは自社に残りません。

しかし当社のメンバーを顧客側チームに加えていただく場合は各プロセスをチーム内で共有でき、自社に無形の資産を残すことができます。またプロジェクトを通じて次世代のリーダーが育つことにもつながります。


当社ご活用企業様

株式会社ウェブクルー様(従業員数1,300名)

生命保険を中心とした総合比較見積もりサイト運営事業

株式会社エンジャパン様(従業員数2,300名)

人材採用サービスの提供事業

株式会社経済法令研究会様(従業員数156名)

金融機関向け検定試験や通信講座の提供および書籍出版事業

不動産信用保証株式会社様(資本金23億5千万円)

国土交通大臣指定保証機関として不動産売買における「手付金等」返還債務の保証事業

デンタルサポート株式会社様(従業員数687名)

訪問歯科診療サポート事業

株式会社オールフロンティア様(従業員数225名)

自動車関連事業、建築資材事業、教育事業、Hotel&Restaurantサービス事業


チーム総合力による顧客支援体制

「顧客の成功」のためにチーム総合力で支援する体制を取っていますので、当社の顧客はバックヤードに蓄積された豊富な経験、専門知識、ケーススタディ、事例情報に、当メンバーを通じていつでもアクセスできます。各々のチームが連携し合うことで支援の層をより厚くし、品質を高めます。

マネジメントチーム

顧客とフロントチームを繋ぐ役割をしています。
要望のヒアリングと整理を行い、当チームを立上げ、運営します。
なお顧客と当チームとの間に中立的な立場で関与します。全体を俯瞰し、活動状況を随時モニタリングすることにより、プロジェクトを裏で支える役割も担っています。

フロントチーム

質の高い仕事をすることを第一の目的として、マーケティング、プログラミング、デザインなどそれぞれの得意分野を持つメンバーによって適材適所でチームを組みます。クライアントとの定期ミーティングへの対応を始め、企画から運用までを担当するためフロントチームと呼んでいます。

バックヤードチーム

インフラ技術、各要素技術、特殊業務、デザインなど各専門分野においてプロジェクトを横断的に支援するチームです。フロントチームを通じて後方支援を提供することよりバックヤードチームと呼んでいます。


適材適所で外部メンバーを使うほうが経費削減になります。

貴社のチームに私どものメンバーを加えていただくということは、人件費の支払いが必要なとき以外は不要になるということです。明日仕事が完了するのであれば請求書も明日までのものとなります。

また従業員を一人雇用するには、人材紹介会社の手数料だけで基本給の30%もかかるなど、雇用した人の年棒の40〜80%以上経費がかかることも明らかになっています。 私どものメンバーを利用すればこういった経費は100%削減できます。

システム投資の稟議を始める前に知っておくべき7つの真実 新コンサルティングメニュー発表!グランドデザイン作成支援プログラムRFP(提案依頼書)を導入しない会社は実に176時間を損失しています。IT×マーケティングコラム
このページのトップへ