コラム記事COLUMN

2016/02/18

『IT産業向けオープンセッション「ソフトウェア業界の未来について語り合おう」』を行いました。

2月17日、チバラボにて協同組合シー・ソフトウェアと千葉市産業振興財団との共催で「ソフトウェア業界の新たな可能性を探る」セッションを行いました。 榎本さんの司会でスタート。 かしわば事務所社会

2016/01/28

エンジニア会議を行いました

先日1月26日にチバラボで「オーシャン・エンジニア会議」というイベントを催しました。 当社はリモートチームで動いているためメンバー通しが顔を合わせる機会が少ない。そこで各プロジェクト毎の取り組み

2015/10/12

システム開発の注意点

アナログ8割テクニカル2割 これからシステムをつくる人には、大事なキーワードです。 1.なぜ8割の企業がシステム導入に失敗するのか? システム導入の現場では、失敗する企業が後を絶ちません

2015/09/15

システム会社の見わけ方 -縦割りの組織のメリット、デメリット

システム会社の組織図に、業種毎の縦割り組織が存在することがあります。たとえば金融システム部、流通システム部、製造システム部といった具合です。 システム会社が大きな組織であるなら、まずこのような部署

2015/07/15

システム会社に見積りを依頼しようとしている方へ

本当はコワい「システム会社任せのご提案」 相見積もりを取ると何が起こるか、以下コラムに書きました。 相見積もりで目の当たりにする金額の開き 発注者自身もかなり深くご自身の発注内容につ

2015/07/15

ソフトウェアという知識提供業における仕事環境のこと

そろそろ採用活動に本腰を入れたいこの頃。 先日はフリーのコンサルタントで、新規事業の立ち上げや基幹業務のPM支援などマルチな才能を発揮されている方とお会いしました。メーカーや大手ファーム

2015/05/15

パッケージか自社開発か分岐点にいる方へ

それはセールスマンの「ある一言」から始まる。 アナタの会社に 「このパッケージ、是非導入しましょう!」 と言ってきたセールスマンがいたとします。 見積りは、アナタが決裁できる金額をはる

2015/04/06

利活用という言い回しの不思議

最近よく出てくる言葉で、なんでそんな表現を使うのか気になる用語があります。 それは「利活用」です。「利用」と「活用」を合成したと思われますが、それなら「利用」もしくは「活用」でいいんじゃないのと

2015/03/17

予算超過を未然に防ぐ7つのポイント

品質、納期、コストがなかなか予定通りにいかないのがシステム導入です。 また次々に細かい要求が出てくるという特徴もあります。 数ある制約条件のなかで「出来る限りの成果を挙げるにはどうすればよいのか?

2015/02/10

相見積もりで目の当たりにする金額の開き

相見積もりで目の当たりにする金額の開き 問い合わせフォームの制作の相見積もりを取るとしましょう。コーポレートサイトの問い合わせページにあるようなフォームです。 とても小さな案件と思われるか